「江戸切子」のNews & Topics

切子作家・黒川昭男

東京都伝統工芸士。
伝統を継承しながらも自由で斬新な作風でしられる
現代江戸切子作家。受賞多数。
作品ごとに新しい発想が生まれ、幾何学的な模様と流れるような曲線を
巧みにくみあわせたその作品は、華やかな印象をもたらし、
技術の確かさ、デザイン力は他の追随を許さない。

黒川昭男
黒川昭男
黒川昭男 経歴
昭和16年東京都品川に生まれる。昭和30年小林菊一郎に弟子入り、江戸切子を学ぶ
昭和38年菊一郎没後、菊一郎の息子、英夫を師事
昭和46年第18回日本伝統工芸展初入選
昭和47年第19回日本伝統工芸展において、奨励賞受賞
昭和48年社団法人日本伝統工芸会正会員
昭和61年日本橋三越においてグループ展
平成05年黒川硝子工芸設立
金澤工芸大賞コンペティション入選
平成07年新高輪プリンスホテル
第8回世界最優秀ソムリエコンクール日本大会にてワイングラス出展
平成10年テレビ神奈川‘夏を彩る職人’出演
平成11年グラスウェアータイムズ社賞受賞
テレビ東京 ”究極にっぽんの職人”出演
平成12年第12回江東区江戸切子新作展区長賞受賞
第40回日本伝統工芸新作展奨励賞東日本支部賞受賞
平成14年第18回伝統工芸第七部会展日本工芸会賞入選
平成16年2004伊丹国際クラフト展 酒盃の部入選
平成17年江戸切子新作展 江東区区長賞受賞
平成18年江戸切子新作展 江東区議会議長賞受賞
平成19年江戸切子新作展 江東区区長賞受賞
通産省主催 伝統工芸品チャレンジ大賞 奨励賞受賞
平成20年テーブルウェアフェスティバルに参加 東京ドームにて
平成21年第5回東京の伝統的工芸品チャレンジ大賞 優秀賞受賞 「切子スタンド」
平成25年第25回江戸切子新作展 経済産業省関東経済産業局長賞